単行本 - ノンフィクション

『敗者復活──地獄をみたドラフト1位、第二の人生』刊行記念、元東京ヤクルトスワローズ投手・増渕竜義さんと著者によるイベント開催!

9784309278896

敗者復活──地獄をみたドラフト1位、第二の人生』(元永知宏著)刊行記念
元東京ヤクルトスワローズ投手・増渕竜義さんと著者による刊行記念イベント開催!

「ドラフト1位がユニフォームを脱ぐ時」
今年もまた巡りきたドラフトの季節。
ただ、脚光を浴びた全てのドラフト1位がその後、成功できる訳ではない。
選手引退後、今は「全く新しい道」で次の人生に挑んでいる7人の元ドラ一の格闘する姿に迫った本書の刊行を記念し、インタビューされた一人、増渕竜義さん(2006年ヤクルトドラフト1位)が、今だから言葉にできる思いを著者・元永知宏さんを聞き手に語ります。

◎日時 2017年11月18日 (土) 16時00分〜(開場:15時30分)
◎会場 八重洲ブックセンター本店 8F ギャラリー
主催:八重洲ブックセンター    協賛:河出書房新社
※詳細はこちら

※トーク終了後、元永知宏さん、増渕竜義さんのサイン会を行ないます。

【書籍情報】
敗者復活──地獄をみたドラフト1位、第二の人生
元永知宏・著
2017/10/16発売/河出書房新社刊
ISBN: 978-4-309- 27889-6 /本体価格:1300円(税別)/46判/224頁

【内容紹介】
増渕竜義、入来祐作……ドラフト1位で華やかに入団後、厳しいプロの世界で挫折を味わいながらも苦闘し、今は引退後の新しい人生に挑む7人の姿に迫るノンフィクション。

ドラフト1位で華やかに入団するも、プロの壁を前に期待されるような活躍ができず、どん底でもがき苦しんだ7人の元選手たち。野球で脚光を浴び、全てを注ぎながら一度は敗者となった男たちは、挫折の中で何を掴み、引退後の全く新しい人生を一からどう生き直していったのか。
「挑戦するのに遅すぎることはない」……悔しさや無念を力に変え、今は別の場所で再び輝く元ドラフト1位たち7名にインタビュー、彼らのリベンジの軌跡に迫る。
プロ野球ファンはもちろん、人生の再起、新しい出発を目指す多くの方々の心にも響く一冊。

【目次より】 ————————————–

●150キロ右腕が引退を選んだ理由
増渕竜義(2006年、東京ヤクルトスワローズ1位→野球スクール『Go every baseball』塾長)
●少しぐらいバカにされてもいつも謙虚で
入来祐作(1996年、読売ジャイアンツ1位→福岡ソフトバンクホークス三軍コーチ)
●野球の才能は別の世界で通用しない
桧山泰浩(1985年、近鉄バファローズ1位→司法書士)
●「2年目のジンクス」に敗れた新人王候補
真木将樹(1997年、近鉄バファローズ1位→法政大学野球部コーチ)
●覚醒しなかった三拍子揃った大型内野手
渡辺正人(1997年、千葉ロッテマリーンズ1位→石川ミリオンスターズ監督)
●野球をやめたら「人間」が問われる
田口竜二(1984年、南海ホークス1位→白寿生科学研究所 人材開拓課課長)
●「巨人のドラ1」のプライドが消えた瞬間
横山忠夫(1971年、読売ジャイアンツ1位→手打ちうどん『立山』店主

【著者プロフィール】
元永知宏(もとなが ともひろ)
1968年愛媛県生まれ。立教大学野球部4年時に23年ぶりの東京六大学リーグ優勝を経験。大学卒業後、複数の出版社勤務を経て、フリーランスに。著書に『期待はずれのドラフト1位――逆境からのそれぞれのリベンジ』『敗北を力に!甲子園の敗者たち』(岩波ジュニア新書)、『殴られて野球はうまくなる!?』(講談社+α文庫)がある。

関連本

単行本 - ノンフィクション

イベント

イベント一覧

お知らせ

お知らせ一覧

河出書房新社の最新刊

[ 単行本 ]

[ 文庫 ]