日本文学

山田悠介☆デビュー20周年フェア開催!プレゼントキャンペーン実施中!

デビュー作『リアル鬼ごっこ』の衝撃から、最新作『俺の残機を投下します』まで、山田悠介☆デビュー20周年フェア開催! Wプレゼントキャンペーン実施中!【A】 全員にプレゼント!フェア対象書籍に『俺の残機を投下します』特製しおりが封入されています。『俺の残機を投下します』のテーマソングを歌うVシンガー花

町田康が驚いた、『おらおらでひとりいぐも』の特異性──「桃子さんは小説の登場人物ではない」

 田中裕子15年ぶり映画主演作!芥川賞&文藝賞W受賞、新たな老いを描き、日本中から共感の声を集めた50万部突破のベストセラー『おらおらでひとりいぐも』が映画化されることになりました。メガホンを取るのは『南極料理人』『モリのいる場所』などで知られる沖田修一監督。映画化困難かと思われた本作に、

小説家・津原泰水さんの代表作「五色の舟」(河出文庫『11 -eleven-』収録)全文無料公開!

 小説家・津原泰水さんの代表作「五色の舟」(河出文庫『11 -eleven-』収録)を無料公開いたします。本作は2010年『NOVA 2 書き下ろし日本SFコレクション』のために書かれ、2014年に発表された『SFマガジン』700号記念「オールタイムベストSF」では国内短篇部門1位となった作品です。

「クリスマスの夜にもし、東京でテロが起きたら――」 映画『サイレント・トーキョー』製作発表記者会見レポ

2019年12月24日。クリスマスらしい飾り付けで彩られた東京・渋谷のホテルで、来年12月公開の映画「サイレント・トーキョー」の製作発表記者会見が行われるということで、河出書房新社のスタッフたちもこっそりお邪魔してきました!この作品の原作は、秦建日子さんの『サイレント・トーキョー And so th

斉藤壮馬さんからエッセイが届いた! 斉藤壮馬全面協力 \濃い本しかないっ!/ 河出文庫ベスト・オブ・ベスト

このたびはたいへん多くの方に「斉藤壮馬全面協力 \濃い本しかないっ!/ 河出文庫ベスト・オブ・ベスト」フェアにご参加いただき誠にありがとうございました。超読書家声優 斉藤壮馬さんの、心底の本好き具合に感銘を受け、依頼したこのフェア企画。ご本人に最も好きな河出文庫5冊を選んでいただき、その作品世界や、

死者の言葉、生者の物語──飛浩隆『自生の夢』 解説:伴名練

『自生の夢』飛浩隆穂村弘さんいわく、「この作者は怪物だ。私が神だったら、彼の本をすべて消滅させるだろう。 世界の秘密を守るために」第38回日本SF大賞受賞作『自生の夢』の文庫化にあたって、伴名練さんが、怪物作家・飛浩隆の秘密に迫る、20ページ超(!)の長文解説を寄せられました。その冒頭(ネタバレなし

【映画『銃』公開記念鼎談】「本物」の映画  奥山和由(プロデューサー) × 武正晴(監督) × 中村文則(原作者)

「運命」の映画化奥山 中村さんと初めてお会いしたのが、もう四年前ぐらいになりますよね?中村 そうですね。『銃』の映画をやりたい、と奥山さんから出版社経由で連絡をいただいて、会うことになったんです。奥山 感動的だったのが、最初からご本人と会えたっていうところ。いつもね、「できたらご本人とお話したい」っ

「愛する」が始まるとき──『寝ても覚めても』特別対談

 青春群像を鮮やかに描いた大作「ハッピーアワー」でロカルノ、ナント、シンガポールはじめ数々の国際映画祭で主要賞を受賞し、その名を世界に轟かせた気鋭・濱口竜介監督。彼が次に撮ることを熱望したのは柴崎友香の代表作『寝ても覚めても』だった─濱口監督のメジャーデビュー作でもあり、また世界三大映画祭への出品は

6月19日 太宰治没後70周年 太宰を愛し、太宰をモデルに小説を書いた佐藤春夫の追悼文の内容とは  『太宰よ! 45人の追悼文集 さよならの言葉にかえて』より

本日6月19日は、太宰治が6月13日に玉川上水に身を投げ、その遺骸が発見された日。奇しくもその日が太宰治の誕生日でもあったことから太宰を偲ぶ日となり、「桜桃忌」と呼ばれるようになりました。没後70周年にあたる今年に至ってもファンは増え続けており、お墓がある三鷹の禅林寺には毎年全国から多くのファンが集

小林聡美の文庫解説を公開『家と庭と犬とねこ』 4ヶ月連続刊行!石井桃子の生活随筆集

『家と庭と犬とねこ』石井桃子季節のうつろい、子ども時代の思い出、牧場の暮らし…日々のできごとを活き活きと綴る初の生活随筆集、待望の文庫化。石井桃子の随筆集、4ヶ月連続文庫化を記念して、文庫版のみ収録の小林聡美さんによる解説を特別公開します。===============解説 石井桃子さんのまなざし小

イベント

イベント一覧

お知らせ

お知らせ一覧

河出書房新社の最新刊

[ 単行本 ]

[ 文庫 ]