連載

コンダクター 第5回

日没の吉祥寺で少女誘拐事案が発生。被害者は大会社社長の娘で、 捜査は極秘裏に始まった。担当刑事野村と被害者の父には、ある 事件で因縁があり…。

『コンダクター』 5

7三笠は、本社ビル最上階にある社長室にいた。デスクには、犯人が連絡用に使っているプライベート携帯を置いていた。パソコンのモニターで仕事をしつつも、時折、携帯に目を向ける。千尋が誘拐されて以降、社長室に通すのは秘書の澪だけにしていた。用事がある時は澪を通すようにし、面談しなければならない場合は自ら出向

枕女王 第7回

芸能界を震撼させたベストセラー『枕女優』から6年 その身体のすべてを捧げ、「夢」を目指したもう一人の女性の物語、開幕

「枕女王」未瑠 4

「待ってくれよ。どうしても、中丸じゃなければだめなんだ!」放課後の屋上――篠原一馬演じる新庄俊が、中丸のり子演じる未瑠の腕を掴んだ。「篠原君って、最低」未瑠は、俊の腕を振り払った。「なんで、僕が最低なんだよ?」俊が、悲痛な顔で訊ねてきた。「本当に、わからないの?」「もしかして、ハンナのこと?」「もし

母ではなくて、親になる 第20回

「母」ではなくて「親」として、妊娠・出産・育児をしてみると、世界は変わって見えてくる! 周りを照らす灯りのような赤ん坊との日々を描く、全く新しい出産・子育てエッセイ。

第20回 泡の時間

  オムツを替えたり、母乳をあげたりしている時間が、どこへ行くのかと考える。 どこへも行かない。今、ここで、自分が消費するだけだ。泡のようにパチンと儚く消える。「母親は子どもにばかり時間を使っているが、自分の時間も作るべきだ」「自分の時間を子どもにあげるので、母親は大変だ」 といった科白を聞くことが

花歌は、うたう 第10回

祖母、母、幼馴染との楽しい毎日。九年前に失踪したミュージシャンの父。親友の一言で、何気ない日常が音楽によって動きだす。三世代、女子家族の喪失と再生の物語──

『花歌は、うたう』 10

佐々岡睦美 十七歳 ついさっきまで向かい合っていたテーブルにわたしだけ遊園地に置き去りにされた子供みたい楽しかったっていう文字が大きく浮かんででもふわふわと漂っていてどこかに消えてしまいそうで優しさだけの愛は見えない?傷ついた方が深く残る?ひとりになるより憎み合ってふたりで別れの予感ってい

イベント

イベント一覧

お知らせ

お知らせ一覧

河出書房新社の最新刊

[ 単行本 ]

[ 文庫 ]