連載

コンダクター 第5回

日没の吉祥寺で少女誘拐事案が発生。被害者は大会社社長の娘で、 捜査は極秘裏に始まった。担当刑事野村と被害者の父には、ある 事件で因縁があり…。

『コンダクター』 5

7三笠は、本社ビル最上階にある社長室にいた。デスクには、犯人が連絡用に使っているプライベート携帯を置いていた。パソコンのモニターで仕事をしつつも、時折、携帯に目を向ける。千尋が誘拐されて以降、社長室に通すのは秘書の澪だけにしていた。用事がある時は澪を通すようにし、面談しなければならない場合は自ら出向

枕女王 第7回

芸能界を震撼させたベストセラー『枕女優』から6年 その身体のすべてを捧げ、「夢」を目指したもう一人の女性の物語、開幕

「枕女王」未瑠 4

「待ってくれよ。どうしても、中丸じゃなければだめなんだ!」放課後の屋上――篠原一馬演じる新庄俊が、中丸のり子演じる未瑠の腕を掴んだ。「篠原君って、最低」未瑠は、俊の腕を振り払った。「なんで、僕が最低なんだよ?」俊が、悲痛な顔で訊ねてきた。「本当に、わからないの?」「もしかして、ハンナのこと?」「もし

母ではなくて、親になる 第21回

「母」ではなくて「親」として、妊娠・出産・育児をしてみると、世界は変わって見えてくる! 周りを照らす灯りのような赤ん坊との日々を描く、全く新しい出産・子育てエッセイ。

最終回 汚れて、洗って

 まだ赤ん坊は立てないし歩けない。だが、つかまり立ちと伝い歩きはできるようになったので、靴を買った。 近所の公園で遊ばせると、石の馬につかまってにこにこする。そして、石の馬の背を舐める。舐めていいのかなあ、体に毒なんじゃないかなあ。「駄目だよ」 抱えて離すと、「まんま、まんま、まんま」 と平気な顔を

花歌は、うたう 第11回

祖母、母、幼馴染との楽しい毎日。九年前に失踪したミュージシャンの父。親友の一言で、何気ない日常が音楽によって動きだす。三世代、女子家族の喪失と再生の物語──

『花歌は、うたう』 11

岩崎うた 六十七歳 「そうかい」〈廉清〉で、また若い男と二人きりの内緒の夕食。恭一くんから、戻ったと連絡があった。そして、あいつを、ハルオを見つけたとのこと。すぐにでも報告をしたいのだけれども、捜している間に仕事が詰まっていてそれをまずは片づけなければならない。少し待ってくれますかと。もち

イベント

イベント一覧

お知らせ

お知らせ一覧

河出書房新社の最新刊

[ 単行本 ]

[ 文庫 ]