連載

コンダクター 第8回

日没の吉祥寺で少女誘拐事案が発生。被害者は大会社社長の娘で、 捜査は極秘裏に始まった。担当刑事野村と被害者の父には、ある 事件で因縁があり…。

『コンダクター』8

第4章 1 病院に運ばれた野村は、治療を受け、一時間後に目を覚ました。顎は多少腫れているが、深い外傷は負っていなかった。野村は、今日一日は安静にという医師の助言も聞かず、三笠邸に戻った。本部はいまだ、永福町に現われた複数の犯人を検挙することに追われていた。東原を中心に、話しかける

枕女王 第7回

芸能界を震撼させたベストセラー『枕女優』から6年 その身体のすべてを捧げ、「夢」を目指したもう一人の女性の物語、開幕

「枕女王」未瑠 4

「待ってくれよ。どうしても、中丸じゃなければだめなんだ!」放課後の屋上――篠原一馬演じる新庄俊が、中丸のり子演じる未瑠の腕を掴んだ。「篠原君って、最低」未瑠は、俊の腕を振り払った。「なんで、僕が最低なんだよ?」俊が、悲痛な顔で訊ねてきた。「本当に、わからないの?」「もしかして、ハンナのこと?」「もし

母ではなくて、親になる 第21回

「母」ではなくて「親」として、妊娠・出産・育児をしてみると、世界は変わって見えてくる! 周りを照らす灯りのような赤ん坊との日々を描く、全く新しい出産・子育てエッセイ。

最終回 汚れて、洗って

 まだ赤ん坊は立てないし歩けない。だが、つかまり立ちと伝い歩きはできるようになったので、靴を買った。 近所の公園で遊ばせると、石の馬につかまってにこにこする。そして、石の馬の背を舐める。舐めていいのかなあ、体に毒なんじゃないかなあ。「駄目だよ」 抱えて離すと、「まんま、まんま、まんま」 と平気な顔を

花歌は、うたう 第12回

祖母、母、幼馴染との楽しい毎日。九年前に失踪したミュージシャンの父。親友の一言で、何気ない日常が音楽によって動きだす。三世代、女子家族の喪失と再生の物語──

『花歌は、うたう』 最終話

宮谷ハルオ 四十五歳 大きな画面で観たかった。音は、まぁスマホもパソコンも大差ないだろうけど、YouTubeを、大きな画面で、ハッキリと花歌の歌う姿を観たかった。歌を、聴きたかった。けれども、この街で知り合いは誰もいない。この家にはパソコンもiPadもない。どうするか悩んで、結局〈犬狼都市

イベント

イベント一覧

お知らせ

お知らせ一覧

河出書房新社の最新刊

[ 単行本 ]

[ 文庫 ]