特集・コラム他 - 特設ページ

ユヴァル・ノア・ハラリ最新作『Nexus』刊行決定!

世界著作発行累計4500万部突破のユヴァル・ノア・ハラリ
6年ぶりの大型最新作、刊行決定!

ユヴァル・ノア・ハラリ
Nexus

A Brief History of Information Networks from the Stone Age to AI
(邦題未定)

石器時代からAI時代までの「情報」の人類史

激動の時代に立ち向かうための、ハラリの新たなる挑戦!

2025年春、日本語版を河出書房新社より刊行決定
日本語版刊行情報については、以降随時発表してまいります。どうぞご期待ください。
河出書房新社公式X(@Kawade_shobo) https://twitter.com/Kawade_shobo
河出書房新社 翻訳書公式X(@kawade_honyaku) https://twitter.com/kawade_honyaku

 

世界を代表する“知の巨人”として、その著作や発言が世界から注目されている歴史学者・哲学者、ユヴァル・ノア・ハラリ氏。ハラリ氏はこれまでその核をなす3つの大著『サピエンス全史』『ホモ・デウス』『21 Lessons』を刊行。これらはいずれも世界的な大ベストセラーとなっており、他の著作を含め、世界65の言語で4500万部発行されています。

サピエンス全史』でハラリ氏は、人類は「虚構」(物語)を共有して大規模な人数で協力し合うことによって、他の動物にはない強大な力を手に入れてきたことを示しました。

そして、最新作『Nexus』では、「情報」を軸にして、ふたたび人類史を大胆に読み解くことに挑みます。

古来より人類は情報ネットワークをどのようにつくりあげてきたのか? その一方で、情報ネットワークはどのように人類の社会を変えてきたのか? 3つの大著の刊行後に急浮上した「生成AI」や「偽情報」について問題を提起し、いま人類が直面する喫緊の重要課題に対して私たちがどのような選択をすべきかについて提言する書籍です。

既に、アメリカ、英国をはじめ、ドイツ、中国、韓国、オランダ、カナダ、フランス、スペイン、ポルトガルほか、47カ国での刊行が発表されています(2024/6/12時点)

 

英語版紹介文

『Nexus』は人類史という望遠レンズを通して、情報の流れがいかに私たちを、そしてこの世界を形作ってきたかを考察する。

石器時代から、聖書正典の成立、近世の魔女狩り、スターリニズム、ナチズム、そして今日のポピュリズムの復活までを取り上げ、ユヴァル・ノア・ハラリは情報と真実(トゥルース)、官僚制と神話、知と権力の複雑な関係についての思索を私たちに促す。

ハラリは、どのようにして歴史上のさまざまな社会や政治システムが情報を用いて、良くも悪くも目的を達成してきたかを探求する。

そして人間外の知能に自らの存在を脅かされつつあるなか、私たちが急ぎ迫られている選択について語るのだ。
(Penguin Random House社特設サイトより。https://yuvalnoahhararibooks.com/ 弊社訳)

 

Message
著者ユヴァル・ノア・ハラリからのメッセージ

私たちは人類史上もっとも重大な情報革命のさなかを生きています。
しかし、それ以前に起きたことを理解しなければ、そのことは理解できません。
歴史とは、結局のところ過去を学ぶことではありません──変化を学ぶことなのです。
歴史は、何が同じであり続けて、何が変化をして、いかに物事が変化しているかを教えてくれます。
とはいえ、歴史とは決定論的なものではありませんし、『Nexus』は過去を理解すれば未来を予測できると主張するものではありません。
私の目的は、じゅうぶんな知識にもとづく選択をすれば、私たちは最悪の結果を避けることがまだ可能なのだと示すことにあるのです。
未来は変えられないというのなら、それを議論するのに時間を費やす必要はないのですから。
(弊社訳)

 

著者について
ユヴァル・ノア・ハラリ
(Yuval Noah Harari)

歴史学者、哲学者。1976年生まれ。オックスフォード大学で中世史、軍事史を専攻して2002年に博士号を取得。現在、エルサレムのヘブライ大学で歴史学を教えるかたわら、ケンブリッジ大学生存リスク研究センターの特別研究員もつとめる。2020年のダボス会議での基調講演など、世界中の聴衆に向けて講義や講演も行なう。また、『ニューヨーク・タイムズ』紙、『フィナンシャル・タイムズ』紙、『ガーディアン』紙などの大手メディアに寄稿している。著書『サピエンス全史』『ホモ・デウス』『21 Lessons』、および児童書シリーズ『人類の物語 Unstoppable Us』(以上、河出書房新社)は世界的なベストセラーとなっている。社会的インパクトのある教育・ストーリーテリング分野の企業「サピエンシップ」を、夫のイツィク・ヤハヴと共同設立。

 

既刊作品への称賛

●『サピエンス全史』への称賛

バラク・オバマ(米国第44代大統領)
「面白いし挑発的。私たちはいかに短い間しか地球にいなかったかがわかる」

ナタリー・ポートマン(俳優・映画監督)
「著者は人類の歴史をどう語り、未来をどう見つめるのか。あなたの心を揺さぶるはず」

ジャレド・ダイアモンド(『銃・病原菌・鉄』著者)
「歴史と現代世界の最大の問題に取り組み、忘れがたいほど生き生きとした言葉で書かれている。きっと気に入るだろう」

●『ホモ・デウス』への称賛

カズオ・イシグロ(2017年ノーベル文学賞受賞)
「優れた作品である『サピエンス全史』よりも面白く読める、より重要な作品である」

ビル・ゲイツ(マイクロソフト社共同創業者)
「人類にとって何が待ち受けているのか、思慮深い考察を著している」

ダニエル・カーネマン(2002年ノーベル経済学賞受賞)
「あなたに衝撃を与え、楽しませ、そしてなによりも以前は考えたこともないような方法であなたを考えさせる」

 

Books(既刊書籍・代表作紹介)

サピエンス全 文明の構造と人類の幸福
 (上下巻/柴田裕之訳/単行本・河出文庫)

アフリカでほそぼそと暮らしていたホモ・サピエンスが、食物連鎖の頂点に立ち、文明を築いたのはなぜか? 文明はなぜ爆発的な進歩を遂げ、近代ヨーロッパは世界の覇権を握ったのか? そして今、サピエンスは何を望み、テクノロジーはあなたをどのような世界に連れて行くのだろうか?
人類の「過去」全体をたどることで、我々はどのような存在なのかを明らかにする、かつてないスケールの大著! 世界2500万部のベストセラー。

ホモ・デウス テクノロジーとサピエンスの未来
 (上下巻/柴田裕之訳/単行本・河出文庫)

サピエンス全史』の著者ハラリが描く衝撃の「未来」!
不死と幸福と神性を手にすることをめざし、人類は「神のヒト」であるホモ・デウスへと⾃らをアップグレードしようとしている。そして、生物工学や情報工学などのテクノロジーを用いて世界を変えていくだろうし、想像を絶する格差をもたらすかもしれない。
近い将来に起こることを歴史から読み取り、今現在私たちがどこにいて、どこに向かっているかを教えてくれる。世界1100万部のベストセラー。

21 Lessons 21世紀の人類のための21の思考
 (全1巻/柴田裕之訳/単行本・河出文庫)

ハラリがついに人類の「現在」に焦点をあてる。
テクノロジーや政治をめぐる難題から、この世界における真実、そして人生の意味まで、われわれが直面している21の重要テーマを取り上げ、正解の見えない今の時代に、どのように思考し行動すべきかを問う。世界600万部のベストセラー。

シリーズ漫画 サピエンス全史
 (ユヴァル・ノア・ハラリ原案・脚本、ダヴィッド・ヴァンデルムーレン脚本、ダニエル・カザナヴ漫画/オールカラー)
第1巻漫画 サピエンス全史 人類の誕生編安原和美訳
第2巻漫画 サピエンス全史 文明の正体編梶山あゆみ訳
第3巻漫画 サピエンス全史 歴史の覇者編梶山あゆみ訳 近刊(2024/7/12刊行予定)

人類史をまったく新しいかたちで描き出した世界的ベストセラー『サピエンス全史』の公式漫画化プロジェクトがついに始動! 著者ユヴァル・ノア・ハラリが自ら制作に携わり、第一線で活躍する作家とコラボレーションをする。オールカラーのイラスト、ユーモアあふれる数々のエピソード、魅力的なキャラクター陣が織りなす、かつてない壮大な物語!
全5巻を予定し、続々と大好評刊行中!

シリーズ人類の物語 Unstoppable Us 
(ユヴァル・ノア・ハラリ著、リカル・ザプラナ・ルイズ絵、西田美緒子訳/オールカラー/総ルビ)
第1巻人類の物語 Unstoppable Us ヒトはこうして地球の支配者になった
第2巻人類の物語 Unstoppable Us どうして世界は不公平なんだろう

人間だけがもっているスーパーパワーってなに? 私たちはそれをどう使えばいいんだろう? 人類の歴史を追いながら、現在に生きる私たちが直面している問題までをわかりやすくまとめた「小学生からの人類史」。私たちの未来を支える子どもたちが、問題を深く考える力やそれに立ち向かう力を育むことができるシリーズ。(対象:小学校中学年以上)

関連本

関連記事

著者

ユヴァル・ノア・ハラリ

イスラエルの歴史学者、哲学者。1976年生まれ。オックスフォード大学で中世史、軍事史を専攻して2002年に博士号。ヘブライ大学で歴史学を教える一方、世界の著名なメディアへ寄稿するなど発信を続ける。

人気記事ランキング

  1. ホムパに行ったら、自分の不倫裁判だった!? 綿矢りさ「嫌いなら呼ぶなよ」試し読み
  2. 『ロバのスーコと旅をする』刊行によせて
  3. 鈴木祐『YOUR TIME 4063の科学データで導き出した、あなたの人生を変える最後の時間術』時間タイプ診断
  4. 日航123便墜落事故原因に迫る新事実!この事故は「事件」だったのか!?
  5. 小説家・津原泰水さんの代表作「五色の舟」(河出文庫『11 -eleven-』収録)全文無料公開!

イベント

イベント一覧

お知らせ

お知らせ一覧

河出書房新社の最新刊

[ 単行本 ]

[ 文庫 ]