創業130周年記念 - 私が薦める河出の本

私が薦める河出の本【角田光代さん】

9784309463346
オン・ザ・ロード』ジャック・ケルアック 青山南訳

河出文庫、2010年

「サル・パラダイスと同世代で読んで、私もこんなふうに生きたい、生きようと思った。二十年後に新訳で読み返して、こんな暮らしはまっぴらだと思った。私自身の成長と変容を見せてくれる小説。」(角田光代)

9784309462301
西瓜糖の日々』リチャード・ブローティガン 藤本和子訳

河出文庫、2003年

「リチャード・ブローティガンという作家に出会ったのはこの本がきっかけだった。残酷さとやさしさが抱き合うように共存する、この作家にしか書けないうつくしさ。」(角田光代)

9784309272122
チロ愛死』荒木経惟

2010年

「何かを愛する、ということが、どれほど壮絶なことなのか、この写真集で知った。愛するということは、ぜんぶを受け入れてまるごと所有すること。チロがどれほど写真家を愛していたかもわかる。」(角田光代)

関連本

創業130周年記念 - 私が薦める河出の本

イベント

イベント一覧

お知らせ

お知らせ一覧

河出書房新社の最新刊

[ 単行本 ]

[ 文庫 ]