創業130周年記念 - 私が薦める河出の本

私が薦める河出の本【伊藤比呂美さん】

9784309709963
古井由吉自撰作品 六

仮往生伝試文』古井由吉
2012年

「菊地信義さんの講演会に行って『仮往生伝試文』にまつわる話を聞いた。すごく読みたくなって、最初の装幀の1989年の再版本を古本で買った。それ以来、古井さんラブ‼」(伊藤比呂美)
97843090225299784309022727
涙のしずくに洗われて咲きいづるもの』若松英輔
君の悲しみが美しいから僕は手紙を書いた』若松英輔

2014年

「『涙のしずくに洗われて咲きいづるもの』。でもすぐ後に『君の悲しみが美しいから僕は手紙を書いた』を読んだら、これも河出だった。文章の美しさに溺れるかと思った。」(伊藤比呂美)

9784309413037
自己流園芸ベランダ派』いとうせいこう

河出文庫、2014年

「『自己流園芸ベランダ派』で会いたい人と会えた。ずっと同志と思っていた人だったから感激ひとしおだった。園芸の同志だけじゃなくて、語りの同志、命の同志とも思えた。」(伊藤比呂美)

━━━━━━━━━━━━━━━
※河出書房新社創業130周年を記念して、河出の本をコメント付きでご推薦いただきます。週2回(火・金)配信予定。

関連本

創業130周年記念 - 私が薦める河出の本

イベント

イベント一覧

お知らせ

お知らせ一覧

河出書房新社の最新刊

[ 単行本 ]

[ 文庫 ]