創業130周年記念 - 私が薦める河出の本

私が薦める河出の本【鈴木創士さん】

9784309462318
裸のランチ』ウィリアム・バロウズ 鮎川信夫訳

河出文庫、2003年

「モロッコのタンジェでこの本を書いていた時、著者の腕には注射の針が刺さっていたが、この本がもたらす影響については知る由もなかった。20世紀とびきりの奇書である。」(鈴木創士)

9784309463346
オン・ザ・ロード』ジャック・ケルアック 青山南訳
河出文庫、2010年

「若者が旅をしなくなったと言われる。著者はバロウズと同じビートニクの詩人だが、この本を読めば、ここにいながら旅に巻き込まれるはず。遠くへ出かけよう! それが先決だ。」(鈴木創士)

9784309247496
フランシス・ベーコン 感覚の論理学』ジル・ドゥルーズ 宇野邦一訳
2016年

「豊かで、精緻で、ぶっ飛んだ、驚くべき美術評論。凡百の美術評論など、どんなに有名なやつも、ただの井戸端会議に思えてくる。我々も画布の中にいる。画家だけじゃない。」(鈴木創士)

━━━━━━━━━━━━━━━
※河出書房新社創業130周年を記念して、河出の本をコメント付きでご推薦いただきます。週2回(火・金)配信予定。

関連本

創業130周年記念 - 私が薦める河出の本

イベント

イベント一覧

お知らせ

お知らせ一覧

河出書房新社の最新刊

[ 単行本 ]

[ 文庫 ]