創業130周年記念 - 私が薦める河出の本

私が薦める河出の本【小川洋子さん】

9784309462301西瓜糖の日々』リチャード・ブローティガン 藤本和子訳
河出文庫、2003年

「どこにも属さず、何ものとも合図を交わさず、ただ一人、物語の世界の片隅に立っている小さな巨人のような小説。」(小川洋子)

9784309460925
愛人 ラマン』マルグリット・デュラス 清水徹訳
河出文庫、1992年

「中国人の愛人は脇役でしかない。本当の主役は、餓死し、腐敗してゆくヒヨコの悪臭をまとう母である。」(小川洋子)

━━━━━━━━━━━━━━━
※河出書房新社創業130周年を記念して、河出の本をコメント付きでご推薦いただきます。週2回(火・金)配信予定。

関連本

創業130周年記念 - 私が薦める河出の本

イベント

イベント一覧

お知らせ

お知らせ一覧

河出書房新社の最新刊

[ 単行本 ]

[ 文庫 ]