創業130周年記念 - 私が薦める河出の本

私が薦める河出の本【松浦寿輝さん】

9784309408286 (1)
胡桃の中の世界』澁澤龍彦

河出文庫、2007年

「なかなか打ち解けてくれなかった神経質で気難しい少年が、ようやく心を開き、彼の宝物であるおもちゃ箱の中身をこっそり見せてくれた。そんな趣のある本。」(松浦寿輝)

9784309410258
久生十蘭 ジュラネスク 珠玉傑作集』久生十蘭
河出文庫、2010年

「久生十蘭は、現実にも、人生にも、歴史にも、思想にも興味がなかった。彼が信じていたのはスタイルの美だけだ。こういう作家はあまり沢山の人に読まれてほしくない。」(松浦寿輝)

9784309462295
見えない都市』イタロ・カルヴィーノ 米川良夫訳
河出文庫、2003年

「想像力は、望遠鏡のように遠くのものを近くに引き寄せることもあれば、顕微鏡のように微小なものを大きく見せることもある。この傑作には、その両方が同時にある。」(松浦寿輝)

━━━━━━━━━━━━━━━
※河出書房新社創業130周年を記念して、河出の本をコメント付きでご推薦いただきます。週2回(火・金)配信予定。

関連本

創業130周年記念 - 私が薦める河出の本

イベント

イベント一覧

お知らせ

お知らせ一覧

河出書房新社の最新刊

[ 単行本 ]

[ 文庫 ]