単行本 - 自然科学

人工知能は役立たず階級を生み出すか?--『ホモ・デウス』書評(評者・井上智洋)

人類史を変えた3つのリンゴ

 

人類の歴史には、3つのリンゴに象徴される劇的な変革があった。

一つ目は「アダムのリンゴ」で、これは紀元前一万年頃に始まった「農耕革命」を象徴している。この革命によって、狩猟・採集社会から農耕社会への転換がなされた。

アダムとイブが「知恵の木の実=リンゴ」を食べてエデンの園を追放されたという神話は、農耕の起源を表しているという有力な説がある。確かに、楽園にいた二人は豊富に実る果実を採集して食べていたが、追放された後(アダム)は死ぬまで苦労して土を耕して食物を得なければならなくなったと『旧約聖書』に記されている。

二つ目の「ニュートンのリンゴ」は、アイザック・ニュートンがリンゴの木からその実が落ちるのを見て万有引力を思いついたという逸話から、17世紀の科学革命とそれに続く「工業革命」(第一次・第二次産業革命)の象徴と見なすことができる。工業革命は、農耕社会から工業社会への転換を引き起こした。

三つ目の「ジョブスのリンゴ」は、「情報革命」(第三次・第四次産業革命)の象徴だ。このリンゴは、言うまでもなくスティーブ・ジョブス等が設立したアップル社を指している。情報革命による工業社会から情報社会への転換が今まさに進行中だ。

 

「人類史上最大の過ち」とは?

 

イスラエルの歴史学者ユヴァル・ノア・ハラリは、世界的なベストセラーとなった『サピエンス全史』とそれに続く『ホモ・デウス』で、農耕が人類をより不幸にしたと論じている。

これは特殊な見解ではなく、手軽に読めるダイエット本から重厚な歴史書『銃 病原菌 鉄』(ジャレット・ダイヤモンド)に至るまで様々なところで語られており、今や常識になりつつある。

農耕革命により、人類は米や小麦などの穀物ばかり口にするようになり、炭水化物中心のバランスを欠いた食生活を送るようになった。それゆえに、農耕民は一般に狩猟採集民よりも栄養不良で身長が小さい。

のみならず、農耕は、戦争や飢餓、疫病、長時間労働、椎間板ヘルニアなどの様々な苦痛をもたらした。ジャレット・ダイヤモンドは、農耕の開始を「人類史上最大の過ち」とすら言っている。「アダムのリンゴ」はとんでもない毒リンゴだったのである。

ただし、それは確かに人類に「知恵」をもたらした。農耕を始めたことで(5000年ほど経ってからだが)、都市と貨幣、文字が発明され、いわゆる「文明」がメソポタミアを始めとする様々な地域に根を下ろした。

ハラリは、人類は農耕を始めたことによって、狩猟採集時代の「アニミズム」を捨て去り「有神論」を採用するようになったと指摘している。前者は、大地や森、動物など森羅万象に霊魂が宿っているとする信仰だ。後者は地上で霊魂を宿しているのは人間のみであり、神聖で絶対的なのは天上の神(神々)だけだとする宗教である。

 

  動物には魂がないので、動物はただのエキストラにすぎないことになる。

  有神論の宗教の世界では、人間以外の存在はすべて黙らされてしまった。したがって、 人間はもう木や動物と話すことができなかった。(ハラリ『ホモ・デウス』)

 

神が死んで人類は幸せになれたか?

 

ところが、科学革命が起きると人類は「神々まで黙らせ」てしまい、「人間至上主義」の時代が訪れた。ニーチェが言ったように、「神は死んだ」のである。その結果、人類は幸せになれたか?

1800年頃に起きた第一次産業革命の後、労働者の暮らしぶりは悪化していく一方であるようにも考えられた。そう予測して、労働者による革命が必要だと主張したのは、カール・マルクスだ。

ところが、イギリスを始めとする欧米諸国では徐々に労働者の生活水準は向上していった。マルクスは、労働者の賃金は生活を送るのにギリギリの水準に絶えず抑え込まれると論じたが、実際にその通りにはならなかったのである。

ハラリが『ホモ・デウス』の冒頭で述べたように、戦争と飢餓、疫病は克服されつつある。科学革命以前は、ペストによって死んだ人の亡骸が街中を埋め尽くしても、神に祈るより他なかった。だが、今日ではペストや天然痘はほとんど根絶やしにされているし、マラリアやエイズで亡くなる人も著しく減っている。

かつてなく、平和で豊かで健康的な生活を謳歌できる時代が訪れている。それでもニュートンのリンゴも毒リンゴになる可能性が十分あったことを指摘しておきたい。というのも、科学技術の最も恐ろしい成果である核兵器による人類絶滅の危機が少なくとも二回はあったからだ。

一つは、よく知られた1962年のキューバ危機で、もう一つは1983年にソ連のミサイル警報の誤動作によって引き起こされた全面核戦争の危機だ。誤動作だと主張して処罰された旧ソ連軍の当時の将校スタニスラフ・ペトロフは、「世界を救った男」と呼ばれている。

今や冷戦も終結し、全面核戦争の恐れはそれほど抱かれなくなった。ただし、北朝鮮の核ミサイルがソウルや東京を火の海にする可能性が少なからずあることは付け加えておかなければならない。

結果として見れば、総じて科学技術は人々をより幸福にしたと言うことができる。にもかかわらず、科学技術が人々の幸福を必然的に高めるという考えは、宗教じみたただの信仰に過ぎない。

核戦争で人類が滅んだ世界線(別の歴史をたどった世界)についても想像を巡らせるべきだろう。ジャワ原人もネアンデルタール人もみんな滅んだ。ホモ・サピエンスが、今なお生き残っているのは僥倖(ぎょうこう)という他ない。

 

 

情報革命はディストピアをもたらすか?

 

三つ目の「ジョブスのリンゴ」は、人類にとっての「シアワセ林檎」になり得るだろうか?『ホモ・デウス』によれば、情報革命はディストピア(反理想郷)をもたらすかもしれない。

科学革命の後の人間至上主義の時代に、森羅万象が科学の対象として分析されたが、人間だけは分割できない神聖な魂によって自由な意思決定を行う唯一の例外的な存在に祭り上げられていた。

だが、近年の神経科学と情報技術の発達によって、人間の知的振る舞いは脳内の「電気化学的プロセス」に応じたアルゴリズムの作動に過ぎないのではないではないかと考えられるようになっている。

人間の脳とコンピュータは、アルゴリズムにしたがって作動するという意味で本質的な違いはない。そして、コンピュータ上のアルゴリズム(人工知能)は、いずれ人間の脳を凌駕するようになるとハラリは断じている。

 

  意識を持たないアルゴリズムには手の届かない無類の能力を人間がいつまでも持ち続 けるというのは、希望的観測にすぎない。(ハラリ『ホモ・デウス』)

 

そうすると、人間は買い物から恋人選びに至るまで人生のあらゆる決定を人工知能に任せるようになるだろう。それは既に、アマゾンのレコメンデーション(書籍などの提案)システムや恋人マッチングアプリなどによって半ば実現している。

 

  『すべてのモノのインターネット』の偉大なアルゴリズムが、誰と結婚するべきか、どんなキャリアを積むべきか、そして戦争を始めるべきかどうかを、教えてくれるでしょう(ハラリ『ホモ・デウス』)

 

ただし、ディストピアじみてはいるものの、生身の人間の脳よりも優れたアルゴリズム様の決定に従うことで、人類はより幸福になるかもしれない。

より深刻なのは、人間の脳を凌駕したアルゴリズムの出現によって、生身の労働者が不必要になるという事態だ。多くの仕事が人工知能に任せられるようになり、人間はお払い箱となる。

 

  二十一世紀の経済にとって最も重要な疑問はおそらく、膨大な数の余剰人員をいったいどうするか、だろう。ほとんど何でも人間よりも上手にこなす、知能が高くて意識を持たないアルゴリズムが登場したら、意識のある人間たちはどうすればいいのか?(ハラリ『ホモ・デウス』)

 

ハラリは、「Useless class」という言葉を用いており、これは「無用者階級」「役立たず階級」「不要階級」などと訳されている。人類全員ではないにせよ、大量の役立たずの人間が発生するという。

 

  二十一世紀には、私たちは新しい巨大な非労働者階級の誕生を目の当たりにするかもしれない。経済的価値や政治的価値、さらには芸術的価値さえ持たない人々、社会の繁栄と力と華々しさに何の貢献もしない人々だ。この「無用者階級」は失業しているだけではない。雇用不能なのだ。(ハラリ『ホモ・デウス』)

 

その一方で、人類は、戦争と飢餓、疫病の克服には安住せず、次なる目標に向かって驀進していくという。それは、テクノロジーによって肉体をアップグレードして、不死の超人になることだ。神を殺した人類は自ら「ホモ・デウス」(神人)にならんとする。既にグーグルは、「死を解決すること」をヴィジョンとして掲げた「キャリコ」という子会社を設立している。

ただし、肉体のアップグレードにはお金が掛かる。『銀河鉄道999』の物語を思い出して欲しい。機械の体を買って永遠の命を生きられるのは、一部の金持ちだけだ。

神戸大学の松田卓也名誉教授は、『ホモ・デウス』の描く未来を「不老階級」と「不要階級」の分化としてまとめている。「不老階級」は、実際には不死にまでは至らないにせよ肉体をアップグレードしながら末永くハッピーに生きる。「不要階級」は、仕事がないがために貧しく、生まれたままの肉体をこれまで通り老化させながら慎ましく死んでいく。

『ホモ・デウス』の未来予想図にしたがえば、「ジョブスのリンゴ」も多くの人々にとっては毒リンゴとなる。それを「シアワセ林檎」に変えるにはどうしたら良いのか?私達は今から真剣に議論しておくべきだろう。それとも、こうした七面倒な議論もアルゴリズム任せにしてしまおうか?

(いのうえ・ともひろ=駒澤大学経済学部准教授)

 

「東洋経済online」(11月14日)に掲載された書評記事を改稿して掲載。

関連本

単行本 - 自然科学

イベント

イベント一覧

お知らせ

お知らせ一覧

河出書房新社の最新刊

[ 単行本 ]

[ 文庫 ]