その他

【試聴あり!】幻の音源、発掘!『古今亭志ん朝 二朝会 CDブック』特設ページ

幻の音源、発掘! 志ん朝30代、若き日の天才伝説復活! 若くして既に名人の風格をまとった、奇跡の高座がここにある。 _2019年9月12日発売! _全国書店で予約受付中!1969年7月から74年12月まで、全29回にわたり、五代目春風亭柳朝と古今亭志ん朝によって行われた伝説の落語会 「二朝会」。――

「みんな一緒に、みんな同じペースで」は、もう終わりにしよう。数多の現場に携わる教育学者が、「学校」をつくり直す方法を提言!

 学校システムの限界 どんな親も先生も、子どもたちには幸せな学校生活を送ってほしいと願っているはずです。 でもどういうわけだか、子どもたちが幸せそうじゃない。そう感じている人は、少なくないんじゃないかと思います。 それは一体、どういうわけなんでしょう? そしてどうすれば、わたしたちはそんな

「すべての写真が奇跡の1枚!」Twitterフォロワー65万人の人気プラネタリウム映像クリエイター・KAGAYAさん写真作品のプリモアート6種販売開始!

このたび人気プラネタリウム映像クリエイターであり、「すべての写真が奇跡の1枚!」と人気の星景写真家でもあるKAGAYAさんの作品より、6種類のアートプリントを、河出オンラインショップにて販売します。プリモアートとは、オリジナル写真に限りなく近い色調を忠実に再現することが出来、繊細な階調表現が可能な高

本読み河出スタッフが選んだ、2018年の本(他社本もあるよ!)

本年も河出書房新社の本をお読みいただき、誠にありがとうございました。本の会社の人は、やっぱりみんな本が好き。昨年に引き続き、「今年どんな本読んだ?」と聞いてみたら、いろんな本が熱いレビューつきでどっさり届きました。年の瀬に、自社・他社問わず、河出のスタッフが大いに感銘を受けた今年の本をご紹介いたしま

河出の本を熱く語って1万円分の図書カードNEXTをもらおう! 河出書房新社 @Kawade_shobo 公式twitter 5万フォロワー突破感謝企画

河出書房新社公式twitterのフォロワーが5万人を突破しました。日頃より、河出書房新社の書籍をご愛読いただき、誠にありがとうございます。日頃、河出書房新社の出版活動にご注目いただいている皆様に感謝を込めて、プレゼント企画を実施いたします。題して河出の本を熱く語って1万円分の図書カードNEXTをもら

ネット時代に365日分の出来事を一冊にする意義 プロレスの入り口と、その先へのいざない――『プロレス きょうは何の日?』著者・鈴木健.txtインタビュー

イッテンヨンだけじゃない、毎日がプロレス記念日! 名勝負、事件、旗揚げ、戴冠、デビュー、命日……1年365日、プロレス界で何があったか、1冊でわかる――すべてのプロレスファン必携の日付順エピソード集『プロレス きょうは何の日?』を執筆した鈴木健.txtさんに本書にこめた想いをうかがった。 ★ ★ ★

本読み河出スタッフが選んだ、2017年の本(他社本もあるよ!)

本年も河出書房新社の本をご愛顧いただき、誠にありがとうございました。本の会社の人は、やっぱりみんな本が好き。「今年どんな本読んだ?」と聞いてみたら、熱い感想がたくさん。みんないっぱい読んでいました。年の瀬に、自社・他社問わず、河出のスタッフが大いに感銘を受けた今年の本をご紹介いたします。来年も張り切

まえがき公開! オリンピック直前メッセージ&名言録『向かい風がいちばんいい』より――レジェンド葛西紀明選手、「45歳で世界一を目指す」今の思いとは。

はじめに2014年2月にソチオリンピックで銀メダルを獲得したあと、「平昌オリンピックで金メダルを目指します」と宣言してから、4年近くが過ぎました。ソチオリンピックのとき、僕は41歳8カ月でしたが、いまは45歳になりました。ソチで宣言したあと、ワールドカップで成績を残し続け、日本代表としてオリンピック

絶賛修行中の看板猫・ジロリが、落語の舞台裏をご案内! かわいい写真&人気落語家インタビューもたっぷり。 『浅草演芸ホールの看板猫 ジロリの落語入門』

こんなところにも猫がいる!!  三遊亭小遊三師匠も思わず笑顔♡話題の看板猫・浅草演芸ホールの“ジロリ”が送る、ハッピー落語ライフが本になりました!  * * * *明治時代から続く笑いの伝統、浅草演芸ホール。落語を中心に色物・講談など様々な演芸を一年365日、休まず行っている寄席です。人力

ヒルナンデスにも出演! 話題の立体切り絵作家・濱直史、待望のシリーズ第2弾!――『濱直史の美しい立体切り絵』

「立体切り絵」とは、切り絵した紙を折ったり組み立てたりして、立体的な作品に仕上げたもの。切り絵と折り紙の楽しさを同時に味わえるだけでなく、特別な存在感に魅せられます。立体にすることで空間が広がり、平面で柄を形作っていた線と線、形と形、形と線が絶妙な距離で重なり合い、新たな柄を生み出します。また、柄の

イベント

イベント一覧

お知らせ

お知らせ一覧

河出書房新社の最新刊

[ 単行本 ]

[ 文庫 ]