その他

担当編集者が語る、『皇室の祭祀と生きて――内掌典57年の日々』

「内掌典」という人たちをご存知でしょうか。皇居二重橋を渡り、右手に新宮殿をのぞみながら、深い森の中に分け入った先に宮中三殿という建物が存在します。そこに住み込み、皇室の祭祀を内から支える未婚の女性たちです。    ***********************

吉田戦車の最新絵本『走れ! みかんのかわ』発売! 漫画家生活32年、初の個展も!

漫画家・吉田戦車さんの新作絵本がまもなく発売になります!タイトルは『走れ! みかんのかわ』。オールカラー描き下ろし全40ページ(!)の大作です。昨年からずっと編集作業を続けてきて、ようやく完成になりました。 『走れ! みかんのかわ』。どうですかこの書名。気になりませんか?みかんが走る? み

その愛くるしさで話題沸騰の船乗り猫・カンパチ船長。初の写真集がついに発売!

もふもふボディにまん丸なお目目。その愛らしさがネットや雑誌で話題沸騰の船乗り猫、カンパチ船長。初めての写真集『航海士にゃんこ カンパチ船長』がついに発売!制作チームからの特別コメントをお届けします。 ■船で暮らすカンパチ船長の飼い主、まさと船長よりカーチャンと友達に見せるくらいのつもりで始めたTwi

見ているだけで癒される!とってもキュートな写真集。

『おやすみフクロウ』 フクロウカフェ「ふくろうの城」のボルトくんの“つぶれまんじゅう”と言われるネットで話題の寝姿をはじめ、眠たげな彼らのキュートな姿を多数撮り下ろした写真集『おやすみフクロウ』が発売中。  本書に掲載されている人気のフクロウさんたちの撮影秘話を、未収録

河出書房新社創業130周年記念 かわくらセミナー「〈日本〉を考える」第3回 大澤真幸 「日本論・序説」

【参加募集中!】河出書房新社は本年、おかげさまで創業130周年を迎えています。河出クラブ(かわくら)ではそれを記念して、この国の現在・過去・未来を問い直す連続セミナー「〈日本〉を考える」を企画いたしました。ここに第3回の参加募集を開始いたします。社会学者・大澤真幸さんがついに本格的に日本論に挑みます

河出書房新社創業130周年記念 かわくらセミナー「〈日本〉を考える」第2回 水野和夫 「世界史のなかの日本経済」

【参加募集中!】河出書房新社は本年、おかげさまで創業130周年を迎えています。河出クラブ(かわくら)ではそれを記念して、この国の現在・過去・未来を問い直す連続セミナー「〈日本〉を考える」を企画いたしました。ここに第2回の参加募集を開始いたします。皆様のご参加をお待ちしております。* * * * *河

BLを知ると世界が変わる。毎日が光り輝く。

『俺たちのBL論』サンキュータツオ/春日太一『俺たちのBL論』サンキュータツオ/春日太一 BLを知ると世界が変わる。毎日が光り輝く。頭でだけでなく心と身体で理解したとき、この世は一変する! それは、まるで「解脱」を経験するかのように、一瞬にして世界が変わる稀有な体験である。ある日突然自転車

SF小説の挿絵から『エイリアン』まで、「想像宇宙」のすべてに迫る豪華ヴィジュアルブック

『宇宙画の150年史』ロン・ミラー『宇宙画の150年史』宇宙・ロケット・エイリアン ロン・ミラー著日暮雅通/山田和子訳 【序文】キャロリン・ポーコ 20 世紀の半ば、衛星タイタンから眺めた土星の光景を精密なタッチで描いたチェスリー・ボーンステルの一連の作品が登場した時、

子どもが投げかける「なぜ、どうして?」に、ビッグな専門家がズバリ答えます!

世界一ときめく質問、宇宙一やさしい答え ジェンマ・エルウィン・ハリス編  西田美緒子訳 タイマタカシ絵『世界一ときめく質問、宇宙一やさしい答え──世界の第一人者は子どもの質問にこう答える』ジェンマ・エルウィン・ハリス編西田美緒子訳タイマタカシ絵 この本は、二〇一三年一一月に河出書房新社から

イベント

イベント一覧

お知らせ

お知らせ一覧

河出書房新社の最新刊

[ 単行本 ]

[ 文庫 ]