『源氏物語』新訳について|角田光代

単行本 - 日本文学

『源氏物語』新訳について|角田光代

『源氏物語』新訳について|角田光代

04_genji1_obi_h1_2

*書籍詳細は河出書房新社公式HPまで

*『源氏物語』角田光代訳 特設ページ

*池澤夏樹=個人編集 日本文学全集 特設サイト

*youtubeにて動画も公開中

_____________________

“読みやすさ”と“感情のリンク”を目指した

現代語訳を引き受けたからには、何かこの物語に対して特別な思いがあるのだろう、どういった点が好きなのか、ということをよく訊かれるんですが、学生の頃に教科書に載っている一部を読んだことはありますし、成長過程でいろんなかたちで主要な部分に触れることはもちろんありましたけど、好きとも嫌いとも、何とも思ったことがないんです。

それはイコール、プレッシャーがまったくないということでもあるんです。今まで歴代の作家の方々が大勢『源氏物語』を訳してきて、そのなかに名前を連ねることについてどう思うかということも訊かれるんですけど、名を連ねる気持ちもさらさらない。なので、すごくニュートラルな気持ちでこの長い小説と向き合うことができました。

訳すにあたって一番困ったのは、どういう立ち位置でこの小説を「小説」として立ち上げていけばいいのかというアイデアが一切なかったこと。たとえば、女性たちの視点に立って書くとか、恋愛を中心に書く、性愛を中心に書く、あるいは男性の視点、光源氏という人の視点から書く……。この物語を愛している人は、「私だったらこうしたい」というところを足がかりにして訳し始めると思うんですが、私には本当にそれがない。どういった訳し方をするかというのが私にとって一番の難問でした。

私の名前が挙がった理由は何だろうと考え、私にしかできないことがちょっとでもあると考えてくださったから、私の名前が出たんだろう、と思いました。自分に求められることは何だろうと考えたときに、こんな読み方があったのか、とかこんなところに視点をとるのか、といったような新しい解釈、新しい読み解き方ではないだろう、というのが確信としてありました。

じゃあ、私に求められているものは何か。一つにはやっぱり「読みやすさ」。私の小説は、「非常に読みやすい」と言われることがあるんです。共感とかそういうことではなく、難しい言葉をあまり使っていないので、すらすらと読める。では、読みやすさというのをまず第一に考えよう、と。

その次に――これは私の感想なんですが、『源氏物語』ってダイジェスト版もいっぱいあって、それを読んだときに、何かちょっとわかりかけたような、俯瞰した面白さがあるんです。でも、全訳を最初から順に読んでいくと、それが繋がらない。俯瞰した図が見えてこない。それで考えたのは、この長い物語を俯瞰する面白さ、運命がねじれていく面白さを、読んだ人が何とか見渡すことができないか。そのためには、わかりやすくプレーンな文章で書いていったほうがいいんじゃないかというのが一つありました。

もう一つは、私の小説というのを考えてみたときに――自分ではそうは思わないんですが、本を読んだ人から「『感情』というものが非常によくわかる」とか、「言葉にされて初めて、自分のなかにそういう感情があったと知った」という声を聞くことが多いので、その感情面において、今とはまるっきり男女の関係が違う昔のお話ではなく、せめて感情の一端でも、当時の人の感情がそのまま今の私たちにも、「その感情は知っている」という風に、感情のリンクをできないかということを考えて、訳し始めました。

 

訳して見えてきた構成の妙と感情の書き分け

訳す前、『源氏物語』はただなんとなく、まあ恋愛の話なんだろうなということを思っていたくらいで、千年も昔に、一人の人間がここまで長い話を作ることができるわけがないのだから、話があっちへ行きこっちへ行きしているのを何とか繕っていて、辻褄の合わないところもけっこういっぱいあるんだろうな、と思っていたんです。

ところが、実際に訳し始めてみて、まずびっくりしたのが、そういうところがあまりなくて、ものすごく緻密に構成されているし、伏線が巧妙に張ってある。そして、それが見事に回収されていく。この手法、こういう小説のつくり方というのは、今も私たちがやっていることです。そんなに新しい手法、「構成の妙」を、千年も前にこんなに見事に、破綻させずにやっていた人間がいたんだという驚きがありました。

それから、実際に触れてみてびっくりしたことは、「当時の感情を現代のものと共通させたい」と思って訳し始めたんですが、実は、私が工夫しなくてもちゃんと共通していたことです。『源氏物語』には、いろんな女の人が登場しますが、どの女の人も名前をもっていなくて、部屋の名前で呼ばれたり役職で呼ばれたりする。私の考え方ですけれども、それはつまり、女が誰でもいいわけです。「女」というだけで個別化は必要なくて、その女が綺麗か、しとやかか、教養があるか、という違いだけで。名前がないイコール顔がないことだと思うんですが、彼女たちが感情によって書き分けられている。彼女たちのもつ感情、その感情の差異が名前になり顔になっている。そのことに驚きました。そしてその感情は、今の私たちでも十分わかることなんです。

書き手の容量を完全にオーバーしている小説

自分も小説を書いていて思うことなんですが、書き手が小説に対してできることは限られているんです。一生懸命考えて、資料もいっぱい調べて、本当に百パーセントの力で小説に向き合っても、小説が百パーセント以上の力を出してくれるかどうかは私のあずかり知らないところで決まる。だから、作者は、とにかく正直に、真面目に、自分の書いている小説に向き合うことしかできないんです。その後で、自分の手を離れた小説がどれほどの力をもつのかというのは、その小説が決めることなんだと、私は三十年近く書いてきて思っています。その理論を『源氏物語』に当てはめたときに、まさにこの小説は、書き手の容量を完全にオーバーしている小説だと思ったんです。書き手は百パーセントの力で書いたのかもしれない。それが作者の手を離れた瞬間に、ものすごい爆発的な力をもってしまった。それは作者の意図ではない。小説自体がものすごい立ち上がり方をしてしまったものの究極がこの小説なんじゃないかということを共感と驚きをもって思いました。

_____________________

企画説明会での講演より
(2017年6月28日 日本出版クラブ会館にて)

関連本

単行本 - 日本文学

イベント

イベント一覧

お知らせ

お知らせ一覧

河出書房新社の最新刊

[ 単行本 ]

[ 文庫 ]