人文書

選挙前だからもう一度考えたい! 【2日連続公開】民主主義ってなんだ?(高橋源一郎×SEALDs)試し読み

いよいよ7月10日は参議院選挙。皆さん、投票の準備はできていますか? 去年国会前デモで注目を集めた学生団体SEALDsは現在、夏の選挙に向けて活動を展開しています。そして最新刊『民主主義は止まらない』、またSEALDs創設メンバー・奥田愛基さんの初の書き下ろし単行本『変える』が間もなく発売。今回は、

橋本健二『はじまりの戦後日本』序章(抜粋)を公開

戦後日本はこうして生まれた!――戦後史の盲点をつく画期的な一冊橋本健二『はじまりの戦後日本』::::::::::::::::序 章 「リンゴの唄」と流浪する人々■小林庸子の戦前・戦中・戦後小林庸子は一九二一年九月、東京市浅草区象潟、現在の台東区浅草四丁目で生まれた。父は小林濤秀、母親はハマ。二人の兄

『和食とうま味のミステリー』刊行記念対談:北本勝ひこ×石川雅之(「もやしもん」)第2回

『和食とうま味のミステリー』北本勝ひこ『和食とうま味のミステリー:国産麹菌オリゼがつむぐ千年の物語』刊行記念対談【第2回】北本勝ひこさん(東京大学名誉教授) × 石川雅之さん「もやしもん」 麹研究の権威が、サイエンスの立場から和食の歴史をつづった書籍「和食とうま味のミステリー」が発売になり

『和食とうま味のミステリー』刊行記念対談:北本勝ひこ×石川雅之(「もやしもん」)

『和食とうま味のミステリー』北本勝ひこ『和食とうま味のミステリー:国産麹菌オリゼがつむぐ千年の物語』刊行記念対談北本勝ひこさん(東京大学名誉教授)   × 石川雅之さん「もやしもん」 麹研究の権威が、サイエンスの立場から和食の歴史をつづった書籍「和食とうま味のミステリー」が発売になりました

和食のうま味の決め手は「麹」(こうじ)! 国産麹菌オリゼをめぐるサイエンス・ミステリー!

『和食とうま味のミステリー』北本勝ひこ『和食とうま味のミステリー』国産麹菌オリゼがつむぐ千年の物語北本勝ひこ【著】 和食のうま味の決め手は「麹」!国産麹菌オリゼをめぐるサイエンス・ミステリー! 二〇一三年十二月、ユネスコ無形文化遺産に「和食」の登録が決まった。農林水産省のホームペ

1980年代ってどんな時代だったの?

『1980年代』斎藤美奈子/成田龍一編著『1980年代』斎藤美奈子+成田龍一 【はじめに】なぜいま「一九八〇年代」か ■それはどんな時代だったか一九八〇年代に、あなたはどんなイメージを持っているでしょう。世の中全体が浮かれていたバブルの時代。サッチャリズム、レーガノミックスが台頭

パートナーを愛していますか?『夫婦という病』

『夫婦という病』岡田尊司『夫婦という病』夫を愛せない妻たち岡田尊司(精神科医) パートナーを愛していますか? 夫婦やパートナーとの関係で悩んでいる人が、とても増えている。夫と、妻とやっていくのが無理だと感じている人も多い。経済的な問題や子どもへの影響を考えて、どうにか夫婦を続けて

竹内薫氏推薦!イタリア生まれのベストセラー『世の中ががらりと変わって見える物理の本』

世の中ががらりと変わって見える物理の本カルロ・ロヴェッリ 竹内薫監訳 関口英子訳『世の中ががらりと変わって見える物理の本』カルロ・ロヴェッリ著竹内薫監訳関口英子訳 今年の初め、イタリアの出版界はちょっとした騒動に見舞われていた。昨年(2014年)の10月に出された、100グラムあまりの小さ

イベント

イベント一覧

お知らせ

お知らせ一覧

河出書房新社の最新刊

[ 単行本 ]

[ 文庫 ]