日本文学

こがこどもでないその日々のことばの葉擦れ 谷崎由依『囚われの島』書評

記者という職業ながら、「梔子」の「甘く淀むような匂い」を鋭敏に感じ取ってしまう一人の女性が、ことばの世界を(少なくとも表面上)手放し、どことも知れぬ場所へと姿をくらませるのは、この花との因縁めいた邂逅によるものだけでは無論なく、また─野溝七生子への頌でもあるだろう─、「死に損ないの父の亡霊」が犇く新

同じ作者とは思えない 古川日出男『平家物語 犬王の巻』/『非常出口の音楽』

昨年の年末は、古川日出男が全訳した『平家物語』が常に傍らにあった。持ち歩くには少しばかり分厚いが(九〇〇ページ!)、語りで伝承されたこの長大な平家没落の物語を、極めて音楽的に訳しきったその仕事は、まったく驚嘆の連続であった。 そして、その平家の物語にはなんと続きがあったという。『平家物語 

早くも大反響!――担当編集者が語る、角田光代訳『源氏物語 上』

2014年11月、池澤夏樹訳『古事記』から刊行をスタートさせた「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」の最後を飾る角田光代訳『源氏物語』(全三巻)の刊行が始まりました。2015年春から角田光代さんが“小説断ち”をして訳に取り組んでいた『源氏物語 上』、すでにご覧いただいている方もいらっしゃるとは思います

インタビュー 「最初は乗り気じゃなかったんです」〜角田光代、『源氏物語』を訳す

インタビュー「最初は乗り気じゃなかったんです」〜角田光代、『源氏物語』を訳す聞き手:瀧井朝世(『池澤夏樹、文学全集を編む』収録)*書籍詳細は河出書房新社公式HPまで*『源氏物語』角田光代訳 特設ページ*池澤夏樹=個人編集 日本文学全集 特設サイト( 「若紫」冒頭の立ち読み、角田光代による「新訳につい

源平合戦を題材にした波乱の人間ドラマ!人形浄瑠璃「義経千本桜」の魅力をいしいしんじが語るイベント開催!

2017年9月26日(火)19:00〜河出書房新社130周年記念企画「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」連続講義作家と楽しむ古典第17回「義経千本桜」講師:いしいしんじ  「義経千本桜」は1747年に初演された人形浄瑠璃。源平合戦を題材にした壮大な歴史ドラマが描かれています。20

「梅ちゃん先生」「お迎えデス。」「結婚できない男」など、数々の大ヒットドラマを生み出してきた脚本家がおくる渾身の社会派エンターテインメント刊行!――尾崎将也『ビンボーの女王』

尾崎さんは1992年に「屋根の上の花火」でフジテレビヤングシナリオ大賞を受賞。脚本家デビューを果たして以来、数々のドラマをヒットに導き、ドラマファンを魅了し続けてきました。その手腕は原作の小説や漫画があるものにとどまらず、オリジナルストーリーの作品でもいかんなく発揮され、第一線で活躍し続けています。

千年読み継がれる『源氏物語』とは何か? 角田光代×池澤夏樹、豪華対談イベント開催!

2017/9/19(火)第276回新宿セミナー@Kinokuniya池澤夏樹=個人編集 日本文学全集『源氏物語』(角田光代訳)刊行記念「千年読み継がれる『源氏物語』とは何か?」  角田光代×池澤夏樹 累計45万部、大好評の「日本文学全集」から、いよいよ角田光代訳『源氏物語』(上・中・下)の刊行が開始

『源氏物語』について|編集部より

『源氏物語』について|編集部より*書籍詳細は河出書房新社公式HPまで*『源氏物語』角田光代訳 特設ページ*池澤夏樹=個人編集 日本文学全集 特設サイト_____________________二〇一四年十一月に第一巻、池澤夏樹訳『古事記』から刊行を開始した「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」。その最

『源氏物語』新訳について|角田光代

『源氏物語』新訳について|角田光代*書籍詳細は河出書房新社公式HPまで*『源氏物語』角田光代訳 特設ページ*池澤夏樹=個人編集 日本文学全集 特設サイト*youtubeにて動画も公開中_____________________“読みやすさ”と“感情のリンク”を目指した現代語訳を引き受けたからには、何

萩尾望都が「SF作家・木下司」名義で発表した幻のSF小説、初単行本化!――『ピアリス』

 萩尾望都が別名義・木下司として発表した幻のSF小説『ピアリス』が発売されました。この書籍の発売をもって「木下司=萩尾望都」であることを初告白。巻末掲載のインタビューで、その事実をご本人の言葉によって鮮明に明かされています。  『ピアリス』収録「特別企画 萩尾望都インタビュー」扉ページ&n

イベント

イベント一覧

お知らせ

お知らせ一覧

河出書房新社の最新刊

[ 単行本 ]

[ 文庫 ]