文庫

「交通警官があなたの車に停車を命じたら、自分の人種のせいだと思いますか?」アディーチェ自身が朗読した『アメリカーナ』日本語訳を公開します。その4

ナイジェリア・イボ族出身の作家 チママンダ・ンゴズィ・アディーチェが、自身のInstagramで自作『アメリカーナ』の一部を朗読、瞬く間に総再生数127万回を突破、世界中で話題を呼んでいます。  アディーチェは『半分のぼった黄色い太陽』、『なにかが首のまわりに』など傑作を次々発表、オー・ヘ

「ある映画が「メインストリーム」だというとき、それは「白人がそれを好き、あるいはそれを制作した」という意味だ。」アディーチェ自身が朗読した『アメリカーナ』日本語訳を公開します。その3

ナイジェリア・イボ族出身の作家 チママンダ・ンゴズィ・アディーチェが、自身のInstagramで自作『アメリカーナ』の一部を朗読、瞬く間に総再生数127万回を突破、世界中で話題を呼んでいます。 アディーチェは『半分のぼった黄色い太陽』、『なにかが首のまわりに』など傑作を次々発表、オー・ヘン

「アメリカの世論調査員が白人と黒人に人種差別は終ったかどうか質問するなんて変じゃないか、といってもらおう。」アディーチェ自身が朗読した『アメリカーナ』日本語訳を公開します。その2

ナイジェリア・イボ族出身の作家 チママンダ・ンゴズィ・アディーチェが、自身のInstagramで自作『アメリカーナ』の一部を朗読、瞬く間に総再生数127万回を突破、世界中で話題を呼んでいます。 アディーチェは『半分のぼった黄色い太陽』、『なにかが首のまわりに』など傑作を次々発表、オー・ヘン

「親愛なるアメリカの非黒人のみなさん、もしもひとりのアメリカ黒人が黒人であることの経験をあなたに語ったら、どうか自分の人生から事例をむやみに引っ張り出さないで」 アディーチェ自身が朗読した『アメリカーナ』日本語訳を公開します

 ナイジェリア・イボ族出身の作家 チママンダ・ンゴズィ・アディーチェが、自身のInstagramで自作『アメリカーナ』の一部を朗読、瞬く間に総再生数127万回を突破、世界中で話題を呼んでいます。  アディーチェは『半分のぼった黄色い太陽』、『なにかが首のまわりに』など傑作を次々発表、オー・

【大好評につき! 開催書店が増えました!】ブックカバー、トートバッグが、両方必ずもらえる! 河出文庫グランドフェア2020 40周年は大盤振る舞い! 全員プレゼントキャンペーン!

河出書房新社史上、最大級のプレゼント企画「ブックカバー、トートバッグが、両方必ずもらえる! 河出文庫グランドフェア2020 40周年は大盤振る舞い! 全員ダブルプレゼントキャンペーン開催!」を搬入してはや1ヶ月弱。フェア詳細https://web.kawade.co.jp/bunko/3391/開催

【発送完了】ブックカバー、トートバッグが、両方必ずもらえる! 河出文庫グランドフェア2020 40周年は大盤振る舞い! 全員プレゼントキャンペーン!(2020/12/30現在)

本プレゼントキャンペーンへの発送はすべて完了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございます。一部ご住所不明等で返送されているものが発生しています。該当の方には登録のお電話番号に随時ご連絡しております。ご了承ください。(2020年12月30日追記)  本プレゼントキャンペーンへのご応募は締め切りま

ブックカバー、トートバッグが、両方必ずもらえる! 河出文庫グランドフェア2020 40周年は大盤振る舞い! 全員ダブルプレゼントキャンペーン開催!

河出書房新社が総力を挙げて、河出文庫のとっておき・オススメ・推しを選んだ「河出文庫グランドフェア」が全国書店で5月より順次開催されます。今年は河出文庫創刊40周年。昨年は39周年にかけて「サンキュー!」周年と銘打ち、「たった2冊購入で特製ブックカバー(布製)全員にプレゼント」「しかも1人何回でも応募

小説家・津原泰水さんの代表作「五色の舟」(河出文庫『11 -eleven-』収録)全文無料公開!

 小説家・津原泰水さんの代表作「五色の舟」(河出文庫『11 -eleven-』収録)を無料公開いたします。本作は2010年『NOVA 2 書き下ろし日本SFコレクション』のために書かれ、2014年に発表された『SFマガジン』700号記念「オールタイムベストSF」では国内短篇部門1位となった作品です。

『かわいい夫』『母ではなくて、親になる』(山崎ナオコーラ)祝文庫化!必ずもらえるプレゼントキャンペーンを開催&感想ツイートキャンペーンも!

山崎ナオコーラ 超話題のエッセイ本、待望の文庫化!2月『かわいい夫』、3月『母ではなくて、親になる』(山崎ナオコーラ)の文庫化を記念して、必ずもらえるプレゼントキャンペーンを開催いたします!ぜひ奮ってご応募ください。◆キャンペーン詳細◆2月『かわいい夫』・3月『母ではなくて、親になる』(どちらも河出

「クリスマスの夜にもし、東京でテロが起きたら――」 映画『サイレント・トーキョー』製作発表記者会見レポ

2019年12月24日。クリスマスらしい飾り付けで彩られた東京・渋谷のホテルで、来年12月公開の映画「サイレント・トーキョー」の製作発表記者会見が行われるということで、河出書房新社のスタッフたちもこっそりお邪魔してきました!この作品の原作は、秦建日子さんの『サイレント・トーキョー And so th

イベント

イベント一覧

お知らせ

お知らせ一覧

河出書房新社の最新刊

[ 単行本 ]

[ 文庫 ]