ノンフィクション

今年も8月12日がくる──。33年前 520人が犠牲になった日航機墜落、遺物の化学分析で判明した事実とは?

あの事故の背景に何があったのか──。 当時日本航空に勤務していた元客室乗務員が日航機墜落事故の真相に迫ったシリーズ新作、『日航123便墜落 遺物は真相を語る』(青山透子著)が発売されました。 2017年7月に刊行されたシリーズ第2弾『日航123便 墜落の新事実』は10万部を突破するベストセ

呪われた土地の物語……かつて何かが起きた、そしてこれから起こるかもしれない40の場所

『呪われた土地の物語』かつて何かが起きた、そしてこれから起こるかもしれない40の場所 異変、絶望、不吉、悪夢、不気味……神も悪魔も、予測さえできなかった地獄がここにある。人々の妄想を掻き立て、語り継がれた呪われた土地40の物語。人間が作り上げた最も不毛な地は、私たちを惹きつけてやまない──

戦後における日本の戦争経済の真実を暴く

『戦争経済大国』刊行に寄せて斎藤貴男 /安倍晋三政権は憲法を改正して戦争のできる国にしようとしている。しかもかつての敵国アメリカの手先として、彼らの世界戦略の片棒を担ぐ形で。戦争は嫌だ。だから私たちは憲法改正を絶対に阻止しなければならない。九条を守れ!――。/いわゆる護憲派に共通する認識だ

全世界36ヶ国で発売! 累計100万部突破!! 大きな夢を持ち、自分の力を信じて道をきりひらいた女の子たちのリアルストーリー

全世界36ヶ国で発売! 累計100万部突破!!新刊ではクラウドファンディング史上、最高額の資金を集めた話題の書。スーパーモデル、活動家、バレリーナ、数学者、大統領……Rebel Girls〈反骨心をもった、勇敢な女の子たち〉に贈る、すべて本当にあった、とびっきりのポジティブストーリー! !『世界を変

プログラミングにいまいち興味を持てない、けれどもやっぱり気になる10代のための入門書、刊行!!

某学習塾のポスターに、小学生で学ぶべき学問は「国・算・理・社・プ」と書かれる時代、2020年からの小学校でのプログラミング必修化にともない、幼児期からプログラミングを学べる塾も増え、すでに授業を始めている小学校もあるようです。しかし、あまり学ぶ機会のないまま、10代、さらには社会人になってしまった人

まえがき公開! グローバル化のなかで揺れる、「この星で最も愛されるスポーツ」の「現在」と「未来」――片野道郎『それでも世界はサッカーとともに回り続ける:「プラネット・フットボール」の不都合な真実』

プロローグ 「プラネット・フットボール」 片野道郎 地球はフットボールの惑星である。たったひとつのボールを手を使わずに扱い、相手のゴールに入れた数を競い合うというこの単純なスポーツは、この星のあらゆる辺境にまで行き渡り、正式に選手登録されているだけで2億5000万人、世界総人口の3%を超え

『敗者復活──地獄をみたドラフト1位、第二の人生』刊行記念、元東京ヤクルトスワローズ投手・増渕竜義さんと著者によるイベント開催!

『敗者復活──地獄をみたドラフト1位、第二の人生』(元永知宏著)刊行記念 元東京ヤクルトスワローズ投手・増渕竜義さんと著者による刊行記念イベント開催!「ドラフト1位がユニフォームを脱ぐ時」今年もまた巡りきたドラフトの季節。ただ、脚光を浴びた全てのドラフト1位がその後、成功できる訳ではない。選手引退後

日航123便墜落事故原因に迫る新事実!この事故は「事件」だったのか!?

1985年8月12日。日航ジャンボ機123便は、なぜ御巣鷹の尾根に墜落しなければならなかったのか──。「この出来事を風化させてはならない。」三十三回忌を前に、その情熱が生んだ、真相究明に一石を投じる渾身のノンフィクション『日航123便墜落の新事実:目撃証言から真相に迫る』青山透子 著 *序

行くぜ、海駅。――本邦初の「海の見える無人駅 」ガイド『海駅図鑑』刊行!

海駅(うみえき)とは、何か――?本書では、海駅を「ホームから海が見える駅(無人駅)」と定義して、北海道から九州まで全国30の駅を取り上げています。駅の目の前は、すぐに海。そんな絶景駅は、本書を読んでいるだけでもワクワクしてきます。さらに本書では、海駅周辺の知られざるスポット・物語を紹介していきます。

荒野を走って過ごすことで知った、人間の驚異的な生命力と人生のすばらしさ!

『ぼくは原始人になった』マット・グレアム/ジョシュ・ヤング 著宇丹貴代実 訳腰布にサンダルというスタイルで狩猟採集生活を始め、荒野を走ることで知った、人間の驚異的な生命力と人生のすばらしさ!20年にわたり原始的な狩猟採集生活をおくり、58日間で2700kmを走り、山岳レースで馬と速さを競うなど、数々

イベント

イベント一覧

お知らせ

お知らせ一覧

河出書房新社の最新刊

[ 単行本 ]

[ 文庫 ]