単行本

1980年代ってどんな時代だったの?

『1980年代』斎藤美奈子/成田龍一編著『1980年代』斎藤美奈子+成田龍一 【はじめに】なぜいま「一九八〇年代」か ■それはどんな時代だったか一九八〇年代に、あなたはどんなイメージを持っているでしょう。世の中全体が浮かれていたバブルの時代。サッチャリズム、レーガノミックスが台頭

河出書房新社創業130周年記念 かわくらセミナー「〈日本〉を考える」第3回 大澤真幸 「日本論・序説」

【参加募集中!】河出書房新社は本年、おかげさまで創業130周年を迎えています。河出クラブ(かわくら)ではそれを記念して、この国の現在・過去・未来を問い直す連続セミナー「〈日本〉を考える」を企画いたしました。ここに第3回の参加募集を開始いたします。社会学者・大澤真幸さんがついに本格的に日本論に挑みます

胸躍るようなスリルを覚える革新的な生命全史。刺激に満ちた研究の最前線!

『生物はなぜ誕生したのか』『生物はなぜ誕生したのか』生命の起源と進化の最新科学ピーター・ウォード/ジョゼフ・カーシュヴィンク 【訳者】梶山あゆみあらゆる危機が、あらゆる勝利が、 様々な遺伝子を足したり引いたりすることで ゲノムを変化させてきた。 本書はピーター・ウォード/ジョゼフ

食べられるレシピのレシピ『鳥打ちも夜更けには』【評者】円城塔

『鳥打ちも夜更けには』金子薫『鳥打ちも夜更けには』金子薫  【評者】円城塔食べられるレシピのレシピ 『アルタッドに捧ぐ』で第51回文藝賞を受賞した金子薫の受賞第一作である。未読の方のために手短に説明しておくと、このアルタッドというのはソナスィクセムハナトカゲの幼体につけ

身に覚えのある未来『消滅世界』【評者】小島慶子

『消滅世界』村田沙耶香『消滅世界』村田沙耶香 【評者】小島慶子身に覚えのある未来 びっしりと産み付けられた虫の卵を見てギョッとしたことはないだろうか。親虫は本能のままに産卵したのだろうが、私はその母虫の執念よりも、母虫をそのように生かしめている摂理が怖い。『消滅世界』は、そうした

河出書房新社創業130周年記念 かわくらセミナー「〈日本〉を考える」第2回 水野和夫 「世界史のなかの日本経済」

【参加募集中!】河出書房新社は本年、おかげさまで創業130周年を迎えています。河出クラブ(かわくら)ではそれを記念して、この国の現在・過去・未来を問い直す連続セミナー「〈日本〉を考える」を企画いたしました。ここに第2回の参加募集を開始いたします。皆様のご参加をお待ちしております。* * * * *河

パートナーを愛していますか?『夫婦という病』

『夫婦という病』岡田尊司『夫婦という病』夫を愛せない妻たち岡田尊司(精神科医) パートナーを愛していますか? 夫婦やパートナーとの関係で悩んでいる人が、とても増えている。夫と、妻とやっていくのが無理だと感じている人も多い。経済的な問題や子どもへの影響を考えて、どうにか夫婦を続けて

世界が待ちわびた全108枚、幻のオリジナル版を限定復刻。荒木経惟『センチメンタルな旅』

『センチメンタルな旅』荒木経惟『センチメンタルな旅』荒木経惟 1971年私家版で刊行された幻の写真集『センチメンタルな旅』。誰もが知るこの有名写真集をこれまで我々は長きにわたって新潮社版の『センチメンタルな旅・冬の旅』に収められた21枚のダイジェストでしか見ることができなかった。今回ついに

虚構のなかの現実を生きる『小松とうさちゃん』

『小松とうさちゃん』絲山秋子『小松とうさちゃん』絲山秋子  【評者】内山節虚構のなかの現実を生きる 今しがた、私は駅の券売機で切符を買っていた。新幹線の切符なのだが、以前とはタッチパネルのつくられ方が変わっていて、画面が私に問いかけてくるようになっていた。その問いに答え

【40名限定】古典ビギナーでも大丈夫!人気作家による「作家と楽しむ古典」連続講義がスタート

累計25万部を突破した大好評の「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」(全30巻)。 この1月から第2期の刊行が始まり、このたび多くの読者からの要望を受け、好評既刊の古典新訳を少人数でじっくりと読み解く「作家と楽しむ古典」連続講義の開催が決定しました。イベント参加者には対象書籍を読んだ上での参加を推奨し

イベント

イベント一覧

お知らせ

お知らせ一覧

河出書房新社の最新刊

[ 単行本 ]

[ 文庫 ]