単行本

いま韓国文学を語るのに欠かせない女性作家の代表作がついに刊行

 訳者あとがき 本書は、二〇一六年に文学と知性社より刊行されたチョン・イヒョンの短編集『優しい暴力の時代』の全訳に、二〇〇七年に文学と知性社から刊行された短編集『今日の嘘』所収の「三豊百貨店」を加えて一冊としたもので、日本版オリジナル編集である。 チョン・イヒョンの代表作であり、二〇〇〇年

「推しが燃えた。」「推しは命にかかわるからね」──芥川賞受賞&2021年本屋大賞ノミネート! 宇佐見りん『推し、燃ゆ』大量試し読み40ページ分無料公開!

   宇佐見りん『推し、燃ゆ』が、第164回芥川賞を受賞しました。「推しは私の背骨」と言い、アイドル上野真幸を”解釈”することに心血を注ぐあかり。その推しが炎上し――。他の人ならなんなくこなせる「普通」ができず、推しを推すときだけ生きていることを感じられるあかりの生きづらさ、切実

増刷した「文藝」秋季号の特集「世界の作家は新型コロナ禍をどう捉えたか」より川上未映子氏のエッセイを特別公開!

発売中の秋季号は発売4日での増刷が決定し、大幅リニューアル後、6号中3号が増刷した「文藝」。今号では夏季号の緊急特集「アジアの作家たちは新型コロナ禍にどう向き合うのか」に続き、「世界の作家は新型コロナ禍をどう捉えたか」と題し、コロナ禍の中で世界の作家が紡ぐ言葉を特集しました。その中から今回、イギリス

新・芥川賞作家の遠野遥はデビューのときなにを綴ったかーー第56回文藝賞「受賞の言葉」

 このたび第163回芥川賞を受賞した遠野遥さんは、昨年、「改良」で文藝賞を受賞し作家デビューしました(選考委員:磯崎憲一郎、斎藤美奈子、町田康、村田沙耶香各氏)。芥川賞受賞を記念して、第56回文藝賞の「受賞の言葉」を公開します。 受賞の言葉遠野遥 受賞を機に、今までに書いたいくつ

『赤江瀑の世界』刊行記念 伝説の傑作『オイディプスの刃』冒頭公開

「獣林寺妖変じゅうりんじようへん」「禽獣きんじゅうの門」「花曝はなされ首こうべ」「海峡」など数多の伝説的な名品を生んだ蠱惑の鬼才、赤江瀑。デビュー50周年にあたる本年、読本『赤江瀑の世界』を刊行しました。赤江瀑傑作選、単行本未収録作品、赤江さんを愛する多くの方のご寄稿、作品ガイドなどを収録した決定版

祝!芥川賞受賞! 遠野遥『破局』冒頭一挙20ページ無料大公開! 元高校ラグビー部員の充実&どこか奇妙なキャンパスライフ

 遠野遥さんが『破局』で第163回芥川賞を受賞しました。2019年、美に執着し女装する大学生を描いた『改良』で第56回文藝賞を受賞しデビュー。受賞後第一作「破局」で、早々に芥川賞に初ノミネート。そのままこのたびの受賞となりました。 「破局」は元高校ラグビー部員の大学生のストイックでリア充、だけどどこ

フルバージョンPV公開予定!協力書店一覧『俺の残機を投下します』

 『俺の残機を投下します』PVプロジェクト協力書店の一覧です。※実際のPV放映開始および終了は、各書店様のご事情やご判断によって異なります。ご承知置き下さい。 ※都道府県名をクリックすると該当県にジャンプします北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県

可憐なテロリスト、内田裕也の<友情>|久世光彦エッセイ集『「あの人」のこと』から

 演出家、テレビプロデューサー、小説家として幅広く活躍された久世光彦さん。卓抜した審美眼は知られるところですが、その琴線にふれた人々について愛情あふれるエッセイを多く遺されたことはご存じでしょうか。このたび、その人物エッセイから精選したアンソロジー『「あの人」のこと』を刊行しました。向田邦

一緒にゲームやらねえか|期間限定公開『俺の残機を投下します』スピンオフ/ステージ0 第五話(最終話)

ヒットメーカー・山田悠介、感動の最新小説『俺の残機を投下します』2020年7月14日(火)より全国順次発売!著者「新境地」と評された大ヒット作『僕はロボットごしの君に恋をする』(以下、『僕ロボ』)から3年。河出書房新社は、人気作家・山田悠介の最新作『俺の残機を投下します』を2020年7月14日より全

その先に幸いがありますように…『天空への願い』 47都道府県サイン本販売のお知らせ

KAGAYA最新写真集『天空への願い』刊行を記念して、KAGAYAさんがサイン本を作成してくださいました。「その先に幸いがありますように」という願いを込めて、今回は特別に、全47都道府県の下記の書店で販売いたします。月虹、夜明けのオーロラ、天の川をゆく流星……天空の贈り物のような一瞬の奇跡をとらえた

イベント

イベント一覧

お知らせ

お知らせ一覧

河出書房新社の最新刊

[ 単行本 ]

[ 文庫 ]