日本文学

今泉力哉が読む、肉食なのに乾いている小説 遠野遥 著『破局』

肉食なのに乾いている小説『破局』を読んで笑った――遠野遥 著『破局』今泉力哉 私は普段小説を読む習慣がないので、一冊の本を読み終えるのに相当な時間がかかる。最初から最後まで一気に読めたことなんてほとんどない。でもいつぶりかに一気に読めたのが、この遠野遥という人が書いて文藝賞を受賞した前作『改良』だっ

【期間限定公開】『あの夏が飽和する。』スピンオフ⑤ ―神様―

【期間限定公開】『あの夏が飽和する。』スピンオフ連載 すべての始まりは13年前、中学生だった千尋と流花の運命の出会い、 そして、曲中で歌われた2人の逃避行の詳細が明らかに!<全6話 ①8/21 ②8/28 ③9/4 ④9/11 ⑤9/14 ⑥9/17 2020年12月31日まで>&n

【期間限定公開】『あの夏が飽和する。』スピンオフ④ ―線路―

【期間限定公開】『あの夏が飽和する。』スピンオフ連載 すべての始まりは13年前、中学生だった千尋と流花の運命の出会い、 そして、曲中で歌われた2人の逃避行の詳細が明らかに!<全6話 ①8/21 ②8/28 ③9/4 ④9/11 ⑤9/14 ⑥9/17 2020年12月31日まで>&n

「推しが燃えた。」「推しは命にかかわるからね」──SNS大激震、掲載誌完売店続出、宇佐見りん『推し、燃ゆ』単行本刊行直前 大量試し読み40ページ分無料公開!

今夏、文芸誌「文藝」に掲載されるやいなや、SNSで大反響を巻き起こした作品がありました。ゆうに200件を超える絶賛コメントの嵐。ブログへの感想文・書評の投稿……紙の雑誌に掲載されただけの作品がここまで話題になるのは異例です。その作品は宇佐見りん『推し、燃ゆ』。「推しは私の背骨」と言い、アイドル上野真

【期間限定公開】『あの夏が飽和する。』スピンオフ③ ―世界―

【期間限定公開】『あの夏が飽和する。』スピンオフ連載 すべての始まりは13年前、中学生だった千尋と流花の運命の出会い、 そして、曲中で歌われた2人の逃避行の詳細が明らかに!<全6話 ①8/21 ②8/28 ③9/4 ④9/11 ⑤9/14 ⑥9/17 2020年12月31日まで>&n

【期間限定公開】『あの夏が飽和する。』スピンオフ② ―出発―

【期間限定公開】『あの夏が飽和する。』スピンオフ連載 すべての始まりは13年前、中学生だった千尋と流花の運命の出会い、 そして、曲中で歌われた2人の逃避行の詳細が明らかに!<全6話 ①8/21 ②8/28 ③9/4 ④9/11 ⑤9/14 ⑥9/17 2020年12月31日まで>&n

【期間限定公開】『あの夏が飽和する。』スピンオフ① ―告白―

【期間限定公開】『あの夏が飽和する。』スピンオフ連載すべての始まりは13年前、中学生だった千尋と流花の運命の出会い、そして、曲中で歌われた2人の逃避行の詳細が明らかに!<全6話 ①8/21 ②8/28 ③9/4 ④9/11 ⑤9/14 ⑥9/17 2020年12月31日まで>&nbs

増刷した「文藝」秋季号の特集「世界の作家は新型コロナ禍をどう捉えたか」より川上未映子氏のエッセイを特別公開!

発売中の秋季号は発売4日での増刷が決定し、大幅リニューアル後、6号中3号が増刷した「文藝」。今号では夏季号の緊急特集「アジアの作家たちは新型コロナ禍にどう向き合うのか」に続き、「世界の作家は新型コロナ禍をどう捉えたか」と題し、コロナ禍の中で世界の作家が紡ぐ言葉を特集しました。その中から今回、イギリス

イベント

イベント一覧

お知らせ

お知らせ一覧

河出書房新社の最新刊

[ 単行本 ]

[ 文庫 ]