単行本

『戦時の手紙』をめぐって 鈴木創士

  8月に原智広氏の訳によるジャック・ヴァシェの『戦時の手紙』が刊行され、これに私は推薦文を寄せた。刊行から2か月を経たところで本書を推薦した者としてここで少しばかり私の見解を述べさせて頂きたい。本書の訳文は破格どころではなく、この訳が極めて特異であることは原書と対照すればたちどころに了解されること

ユヴァル・ノア・ハラリ『21 Lessons 21世紀の人類のための21の思考』序文公開!

『21 Lessons  21世紀の人類のための21の思考』はじめに 的外れな情報であふれ返る世界にあっては、明確さは力だ。理屈の上では、誰もが人類の将来についての議論に参加できるが、明確なビジョンを維持するのはとても難しい。議論が行なわれていることや、カギを握る問題が何であるかに、私たちは気づきさ

1冊買うと図書カードが必ずもらえる!「文藝別冊」シリーズの豪華キャンペーン、10月下旬から開催!

〜「本の日」読者謝恩キャンペーン開催決定!〜「文藝別冊」シリーズを買って図書カードをもらおう!キャンペーン キャンペーン期間中に、フェア対象書籍を購入すると100円の図書カードネットギフトが必ずもらえる!例年、品切れ店も続出する大好評フェア企画「文藝別冊 読者謝恩フェア」、今年は下記の通り

『北野武第一短篇集 純、文学』 北野武さん刊行の言葉、全文公開!

 芸人、映画監督、俳優、画家……これまで様々な分野で活躍されてきたビートたけしさんが、初めて「北野武」名義で執筆された小説作品集『北野武第一短篇集 純、文学』を、10月18日に発売いたします。 『北野武第一短篇集 純、文学』収録作は、小説家としての圧倒的な才能が詰まった5作品となります。 売れない芸

村田沙耶香『生命式』書店員さんからの感想

芥川賞受賞作『コンビニ人間』(文藝春秋)が世界30ヶ国で翻訳され、今や世界中の注目を集める作家、村田沙耶香。このたび刊行される『生命式』は、村田沙耶香自身がセレクトした12の短編で構成され、まさに“文学史上、最も危険な短編集”ともいうべき衝撃作です。発売前に全国の書店員さんに試し読みをお願いしたとこ

ブーケトス一万、キャンドルサービス十万「これって、つまり、何もないところから金が生まれてるってこと?」【まるごと試し読み】祝!野間文芸新人賞候補記念 古谷田奈月『神前酔狂宴』【第1章】

神社の結婚披露宴会場で働き始めたフリーターの浜野。時給の良さを目当てにバイト先を決めた浜野はある日、結婚式が壮大な“茶番”であることに気づく。「滑稽さが肝の喜劇では、登場人物全員が愚者であるべき」と、働きぶりが一転。そんな中、神社に祀られている神が「もとは人だが、今は神」な、明治日本の実在した軍人で

「ケレット来日に寄せて」福永信 最新作『銀河の果ての落とし穴』刊行記念

世界40カ国以上で愛読される人気の超短編作家エトガル・ケレットの最新刊『銀河の果ての落とし穴』が発売!妻子に逃げられ、サーカス団の人間大砲になってブッ放される男の話からはじまり、人類の進化と人間の一生が重なる不思議な余韻の超短編(たった2ページ!)で終わる……奇想とどんでん返し、笑いと悲劇が紙一重の

第56回文藝賞受賞作の感想ツイートで当たる! サイン入り単行本つめあわせトートバッグプレゼント

10月7日発売の「文藝」冬季号で発表された第56回文藝賞受賞作。この発表を記念し、Twitterで受賞作(宇佐見りん「かか」/遠野遥「改良」)の感想を投稿していただいた方の中から抽選で各3名の方に、受賞作2作の単行本及び河出オリジナルトートバッグをプレゼントします。以下応募要項を読み、奮ってご参加く

イベント

イベント一覧

お知らせ

お知らせ一覧

河出書房新社の最新刊

[ 単行本 ]

[ 文庫 ]