単行本

伊坂幸太郎が贈る聖夜の奇跡の物語。 感想を送るとイブにプレゼントが届く豪華キャンペーンも開催

 『クリスマスを探偵と』文 伊坂幸太郎 絵 マヌエーレ・フィオール 舞台はドイツ。探偵カールがクリスマスの夜に出会った謎の男とは……?大学生のときに著者が初めて書いた小説を自身の手により完全リメイク(特設ページはこちら)デビュー以来の伊坂作品のモチーフ、「探偵」「男2人」「親子愛

★まるごと1話試し読み★「5分シリーズ」新刊発売記念!『5分後に禁断のラスト』収録「7歳の君を、殺すということ」

 「5分シリーズ」待望の最新刊が発売!エブリスタと河出書房新社が贈る短編小説シリーズ(特設サイトはこちら)。投稿作品累計200万作品、コンテスト応募総数25000作品以上から厳選された短編は、すぐ読める短さなのに、衝撃的に面白いものばかりです。新刊発売を記念して、まるごと1話試し読みを公開

帰宅するなりテレビをつける、小さな遅刻をする、保冷剤を貯めこむ…お金に嫌われる人には共通の習慣があった! 『お金持ちが肝に銘じているちょっとした習慣』

仕事柄、取材やインタビューを通して多くのお金持ちと接してきた著者。彼らと長く付き合いを続けるうちに、著者は、お金持ちには共通点があることに気づいたという。「当たり前のマナーを当たり前に守る」「人生を自分でハンドリングしている」「お金に真摯に向き合う」「人を大事にする」……などだ。一つ一つは特別なこと

自分自身になること 宮内勝典『永遠の道は曲りくねる』書評

人は、ある場の点として、息を吸う。その点に佇むために、誰かと線を結びながら連帯し、線が交差し合うことで区域が生まれる。個人という点が、異なる点を探し出す働きかけによって区域が保たれる。だが、やがて区域は境界を生み、個の身動きを制約し始める。「ナショナル・アイデンティティ」なるものを保有しなければ正し

『運命をひらく神様のツボ』刊行記念 さだじぃ。さんトーク&サイン会 10月24日紀伊國屋書店新宿本店にて

大人気ヒーラー・さだじぃ。の新刊『運命をひらく神様のツボ』の刊行を記念して、紀伊國屋書店新宿本店にて、さだじぃ。さんのトーク&サイン会を開催します。「神様のツボ」の極意をはじめ、「氣」にまつわるあれこれをお話します。 サイン会では、希望者の方にさだじぃ。さんによる「神様のツボ押し握手」やお

こがこどもでないその日々のことばの葉擦れ 谷崎由依『囚われの島』書評

記者という職業ながら、「梔子」の「甘く淀むような匂い」を鋭敏に感じ取ってしまう一人の女性が、ことばの世界を(少なくとも表面上)手放し、どことも知れぬ場所へと姿をくらませるのは、この花との因縁めいた邂逅によるものだけでは無論なく、また─野溝七生子への頌でもあるだろう─、「死に損ないの父の亡霊」が犇く新

同じ作者とは思えない 古川日出男『平家物語 犬王の巻』/『非常出口の音楽』

昨年の年末は、古川日出男が全訳した『平家物語』が常に傍らにあった。持ち歩くには少しばかり分厚いが(九〇〇ページ!)、語りで伝承されたこの長大な平家没落の物語を、極めて音楽的に訳しきったその仕事は、まったく驚嘆の連続であった。 そして、その平家の物語にはなんと続きがあったという。『平家物語 

寂しいままで、親になる   山崎ナオコーラ『母ではなくて、親になる』

子どもが生まれるまで、出産育児の類の雑誌を読むことができなかった。大きな腹をかかえて笑う妊娠○か月の○○さん、フリルの服をまとった生後○か月の○○ちゃん、あの表紙から「正しさ」の匂いしか嗅ぎとることができなかった自分は、母とは微笑んで腹をなでさするものであり、子のためにふんわり優しい世界に身をゆだね

しょせん料理じゃん? 小林カツ代『小林カツ代の日常茶飯 食の思想』

大学の外でも学問研究を続ける「在野研究者」の本を書いたとき、とても悩んだ思い出がある。「料理研究家」は在野研究者なのか否か。リブロポート社が出していた民間日本学者シリーズには、料理研究家の草分けだった辰巳浜子の評伝があった。成程。栄養学の先生でもないし、まあ、在野なのはいいとして……研究者? 新しい

早くも大反響!――担当編集者が語る、角田光代訳『源氏物語 上』

2014年11月、池澤夏樹訳『古事記』から刊行をスタートさせた「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」の最後を飾る角田光代訳『源氏物語』(全三巻)の刊行が始まりました。2015年春から角田光代さんが“小説断ち”をして訳に取り組んでいた『源氏物語 上』、すでにご覧いただいている方もいらっしゃるとは思います

イベント

イベント一覧

お知らせ

お知らせ一覧

河出書房新社の最新刊

[ 単行本 ]

[ 文庫 ]